中古の車を高く売るためのポイントは2つ!

中古の車の買取

中古の車を買取に出す場合、
少しでも高く買取ってもらいたいと誰でも思うものです。

買取店を何か所か廻って査定を受けるのが良いとわかっていても、
忙しくて時間がとれずハードルが高いと感じている方も多いかもしれません。

でもご安心ください。そのような場合でも自宅に居たまま高額査定を引き出せる便利な方法があります。


その方法のポイントはたった2つ!

チェック 乗り換えでもディーラーの下取りに出すのを避けること

チェック 【無料】一括査定で複数の車買取専門店に買取額を競わせること


①なぜ「下取り」は避けるべきなのか

中古車の取扱量が少ないディーラーは、薄利多売で高額買取が可能な買取専門店に買取り額でかないません。

中古車を売買する量が圧倒的に多い買取専門店は、再販までのコストが高いディーラーより確実に高い価格で買い取ることができます。

②一括査定なら自宅で買取店を競わせることができる

「買取専門店の競争」というのは自分で買取店をいくつも廻るというのではありません。

一括査定(無料)を利用すれば、買取店の方から訪問査定をし競争で買取額の提示をしてくれるのです。


全国の多数の車買取専門店が参加する一括査定が普及し、中古の車の買取査定額を簡単に各社比較できるようになりました。

自宅に居たまま複数の一流買取店の訪問査定を受け、電話で買取額を競わせることのできる一括査定は、中古車を高く売るための最も安心で賢い方法です。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



自動車の一括査定サービスはたくさんありますが、その中から利用者の多いおススメをご紹介。
どれも成約手数料などの心配の無い「完全無料」ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

自動車 買取
★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

自動車 買取
★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

自動車 買取
★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


一括査定を上手に利用して高額査定をゲット

自動車 買取

一括査定申込みの入力はほんの数分で行うことができ、「かんたん車査定ガイド」のように入力に1分もかからないサービスもあります。

申込みが終わると、通常は1時間もしないうちに「訪問査定をさせてください」という連絡が複数の買取店から入ることになります。


■訪問査定の受け方

①概算額を比べてから査定をしてもらいたい場合

立会いの時間をあまり割けず、概算額を比較して買取店を絞ってから査定を受けたい時は、入力申込み時に『まずはメールで概算額をみてから訪問査定の連絡をしたい』と連絡欄に記入します。

それでも電話が入ることもあるかもしれませんが、そういうしつこい業者は候補から外せばいいでしょう。

絞り込みが終わったら各社に連絡をして時間が重ならないよう訪問査定の日程を決めます。


②できるだけ多くの買取店に査定してもらいたい場合

できるだけ多くの買取専門店に査定してもらってから比較したいという場合もあるでしょう。

その場合は、申込み時に上記の「まずはメールで・・・」の記入をしなければ、「訪問査定の日時を決めましょう」という電話連絡が次々に入ってくることになります。

各買取店の査定がバッティングしないように訪問査定の日時を決めてください。



■訪問査定に立会う

禁煙車など自分の車で特にアピールしたい点があれば、訪問査定時に立ち会ってアピールした方がいいでしょう。

特になければ、また忙しい場合は、立会いをしなくても一向に構いません。

勤務中に勤務先の駐車場においてある愛車を査定マン一人で査定してもらうことでもかまわないでしょう。

立会いをする場合は簡単なメモを取れるようにした方がいいでしょう。

査定マンによって違いがあるでしょうが、出張による無料訪問査定は1時間~2時間かかるのが通常です。


■訪問査定時に即決しないようにしよう

各社の重要ポイントがメモできるように準備して立会いに臨みましょう。

査定後に「今日決めてくれればがんばって○万円上乗せします」などと即決を迫られる場合もあるでしょうが、査定を受けた日に即決するのは止めましょう。

予想外の好条件が出たとしても、その金額を連絡すればもっと上乗せできる専門店もいるかも知れません。

日程をセットした買取店の査定が全部終わる前に即決するのはくれぐれも避けましょう。


※車の売却で高額査定を狙うなら中古車の相場が上がる時期にも注意を払った方がいいかもしれません。

なせ買取専門店は下取りよりも高く買取れるのか

■価格の出発点が違う

現在中古車が最も高く取引される場は業者オークション(中古車オークション)です。

車買取専門店は、この中古車オークションの相場を基に、マージンを差し引いた現時点で買い取れる最高値を基本価格とします。

この基本価格を出発点にして、装備や程度などを総合して買取価格が算出されます。

大型買取専門チェーン店などは常に全国の相場情報をもちこれに基づいて価格を決めるため、より高い買取額を提示できるというわけです。

また買取専門店は、下取りではマイナス要因となりがちな社外品パーツ(エアロ・アルミホイール・カーナビなど)もプラス評価対象となるという違いもあります。

更に買取専門店は輸出ルートにも力を注いでおり、下取りでは値がつかないような古い車でも査定額を付けることができます。

これに対して、新車ディーラーの下取りの場合は、各販売会社が持っている下取り基本価格表を基に、そこから車両の状態のチェックなどにより減額し下取り価格を算出します。

この下取り基本価格表は定期的な更新はありますが、中古車オークションの相場が反映されるものではありません。

このような買取価格を算出する出発点の違いから、下取り価格は買取専門店の買取額になかなか追いつけないということになります。


■買取店はマージンの幅が大きい

下取りに出した自分の車を中古車販売店の店頭で見つけると、下取り額よりも数十万円も高い売値が付いていて驚くときがあります。

以前自動車ディーラーに勤める知人から聞いた話では、中古車相場よりも大体30万円以上安く下取りしないとペイしないというのがディーラーの下取りの実態のようです。

ディーラーの下取り基本価格というのは、このようなコスト構造のディーラーでも下取車で利潤が出るようなレベルの価格になっているということです。

一方車買取専門店の場合は、中古車オークションの相場を背景にし、ディーラーとは比較にならないほど大量の中古車を取り扱い、薄利多売が可能なビジネススタイルです。

出発点になる価格が違い、再販売のためのコストも違うため、ディーラー下取りにはなかなか勝ち目は無いということになります。

一頃は、自分で車買取専門店を探し、何か所にも車を持ち込んで査定してもらい一番高い所に売るというのが自動車を高く売るポピュラーな方法でしたが、今では自動車を買取店に持ち込む必要すらなくなりました。

一括査定を申し込むと15分もしないうちから訪問査定の電話連絡が来始めることもあります。

全国展開の大手だけでも全部名前を挙げれないほど車買取専門店の数が増加し、地域の有力店などもふくめて、車の買取はまさに買取専門店の競争になっています。

こんな状況の中で中古車を昔ながらの下取りに出すのは自ら望んで損をするようなものでしょう。

便利な車一括査定の無料サービスも大変数が多くなりました。

一括査定サービス同士も利用者獲得の競争をするようになっています。

一括査定ならどこでもいいというのでなく、入力時間などの使いやすさ、参加業者の顔ぶれや数、利用実績、サービス運営主体などを見ながら、一括査定そのものを選ぶ時代になっています。

もはや自動車を買取りに出すには一括査定が欠かせないサービスになったといえるでしょう。

車の買い換えに中古車の売却資金を購入費用に充てるという場合でも、かつてのように下取りに頼らなくてもタイミングよく無料で査定してもらえ、売却することが可能になりました。

しかも、1社だけでなく複数社の査定額を一括して比較できる「車一括査定」の登場で、自宅に居たままで複数の買取専門店に査定額を競争させ、最高額の所を選んで売ることもできるようになりました。


※クルマの話あれこれ
ネットで自動車保険の保険料の相場額がわかれば便利ですが、通販型とかもあったりしてなんだかよくわからないというのが正直なところ。
一括見積りで実際に各社を比べてみるのが一番ですね。


軽自動車 任意保険 安い

このページの先頭へ