" 査定を受ける時のコツ

自分のペースを守ることが基本

中古車 買取

■まずは必要なものをそろえよう

高額査定を目指すための基本的なこととして、まずは車検証、点検記録簿、取扱説明書、保証書などの書類を確かめてそろえておきましょう。

スペアキーも忘れてはいけません。

これらが揃っていなければ査定額へ影響することがあり、少なくともこのような基本的な準備のために減額査定にならないようにしましょう。

■車に詳しくない方が高く売れる?

車のことが良くわからない人の方が、車に詳しい人より中古車を高額査定をゲットするケースが多いといいます。

査定前に相場を調べたり、立会いのときに自分の車をアピールしたりする人よりも、「車のことは良くわからない」という人の方が高額査定を引き出しやすいというわけです。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

車のことがよくわからない人は、

・車のことを聞かれてもわからないので価格の比較に徹することができる

・車に詳しくないから価格交渉でもプロのテクニックが噛み合わない

ということのようです。

車買取店は中古車を少しでも安く買取るプロであり、交渉のプロです。

このようなプロにとって、グレードや装備などのことを聞いても「よくわかりません。ともかく一番高い所に売ります。」という噛み合わない顧客が、実は最も手ごわい顧客なのかもしれません。


■謙虚に対応し余分ななことを言わない

本当は自分の車のことは自分が一番良く知っています。

でもそれを必要以上にアピールしたりしないでプロに任せた方が良いということになります。

中途半端な知識であれこれアピールして交渉のプロに交渉材料を与えるよりは、
謙虚に徹し余計なことは言わない方がいいというわけです。

何しろ中古車業界の査定のプロですからアピールがあろうがなかろうが実車を見ただけでポイントはすぐわかります。

「素人ですので車を見てもらって査定額を聞きたい」というだけでいいのです。

※車の査定額には有効期限があること、ご存知でしたか?


■価格の交渉に徹する

・車のことは良くわからないので実車を見て査定額を出して欲しい

・査定額を比べて一番高い所にすぐにでも売りたいと思っている

この2点をはっきり買取り店に伝えるのがポイントです。

査定が済めば一番高いところがわかるのですが、中には査定額を言わずが「最高額を出しますので最後に連絡ください」という買取店がいるかもしれません。

その場合は他社の最高査定額を電話で伝えればそれに上乗せした価格で買取ってもらえることになるでしょう。


こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

自動車 買取
★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

自動車 買取
★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

自動車 買取
★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


○同日、同時刻の訪問査定が一番効果的?

買取店にとって一番やりにくいのは、複数社で合同査定になることのようです。

どの車買取店も買取金額の高低でしか駆け引きできないからです。

どの買取店も中古車オークションの相場を知っていますから、他の買取店の見ている前で変な価格を提示することができません。

オークションでの落札見込み額よりもどれだけ安く買い取れるかが車買取専門店の勝負どころになります。

しかも車を仕入れないと売ることが出来ない、つまり買取実績を挙げないと利益をあげることができません。

相場を知っている他社の査定士がいて、買取金額以外での駆け引きが出来ないという状況が一番やりにくいというわけです。

車一括査定サイトには、このような複数業者の訪問査定を同時に行うことを推薦しているサイトもあります。

逆に言えば、車好きをアピールしたくての車に関する話が多くなればなるほど、交渉のプロである買取店のペースにはまってしまうということになります。

考えてみれば、「よくわからないのでお任せします。金額を比べて一番高い所に売ります。」というのは、まさに自分のペースで進めていることになりますね。



このページの先頭へ